© 2023 by by Business Consulting.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

主催/ブルークローバー・キャンペーン運営委員会

[特定非営利活動法人 前立腺がん啓発推進実行委員会 Prostate Cancer Education Council in Japan (PCEC-Japan)]

 

後援/公益社団法人日本人間ドック学会、公益財団法人前立腺研究財団

治療法について

(治療法は担当の医師とよく相談してお決めください)
治療法を選ぶために大切なこと

 

がんと診断されて、それを告げられたらショックで落ち込むのは当然です。これからの生活で不安なこともあるでしょうし、ご家族も心配なことでしょう。しかし、前立腺がんは早期であれば完全に治すことができますし、進行したがんであっても、進行を抑える有効な治療法があります。

がんと診断された場合は、CT、MRI、骨シンチグラフィーなどの画像診断で、前立腺がんの広がりや転移の有無を調べます。また、PSA値や前立腺針生検から得られたがんの悪性度なども参考にしながら、治療法を選ぶことになります。

病気の広がりに応じて様々な治療法があります。専門医は、病気の進行度・年齢・他の重い合併症の有無などを考慮して、あなたに適した治療法を提案しますが、一般的に早期がんほど、提案する治療の選択肢は多くなります。

治療法を決めるにあたっては、それぞれの治療法の治療成績、特徴や合併症などを理解し、わからないことは専門医に相談し、自分自身にあった治療法を選ぶことが大切です。

ブルークローバー・キャンペーン

特定非営利活動法人 前立腺がん啓発推進実行委員会

      Prostate Cancer Education Council in Japan (PCEC-Japan)