© 2023 by by Business Consulting.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

主催/ブルークローバー・キャンペーン運営委員会

[特定非営利活動法人 前立腺がん啓発推進実行委員会 Prostate Cancer Education Council in Japan (PCEC-Japan)]

 

後援/公益社団法人日本人間ドック学会、公益財団法人前立腺研究財団

 PSA検査について

PSA(ピーエスエー)検査は前立腺がんを発見するための血液検査です

 

 PSA検査は、前立腺がんを早期に発見するのに有用な血液検査で、PSA値が高いほど前立腺がんの疑いが強くなります。PSAとは、前立腺で特異的に作られるたんぱく質の一種で、健康な人の血液中にも存在します。しかし、前立腺がんになると血液中に流出するPSAが増加するため、早期発見のための検査として用いることができます。

PSA検査はごく少量の血液があれば測定が可能で、通常の血液検査と合わせて簡単に行うことができます。

前立腺がんは、早期に発見して適切に治療すれば完治の可能性が高くなります。とくに、50歳を過ぎた方は、ご自身の健康管理のために、是非、前立腺がんに関心を持ち、定期的にPSA検査を受けることが、前立腺がん対策の第1歩として大切です。

PSA検査は、1)住民検診(全国で約83%の市町村が実施;2015年度調査※)、2)人間ドック(約90%の施設が実施;2007年度調査*)、 3)一般医療機関(何らかの排尿に関する症状があり、がんが疑われる場合には、ほとんどすべての医院・病院などの医療機関で実施が可能)で受けることができます。PSA検査の対象年齢は、住民検診では50歳以上が一般的ですが、人間ドックや、排尿に関する症状があり医療機関で検査する場合には、40歳から検査を受けることをお勧めします。

※公益財団法人前立腺研究財団による調査

ブルークローバー・キャンペーン

特定非営利活動法人 前立腺がん啓発推進実行委員会

      Prostate Cancer Education Council in Japan (PCEC-Japan)